BIGLOBE SIMの口コミが信用できないから契約と解約を実際にしてみた

BIGLOBE SIMの月額プランと解約

BIGLOBE SIMを使うとどのくらい料金がかかるか、ご案内します。今のスマホ代の月々の料金と比べてみると、月々の携帯代がどのくらい安くできるか参考にして頂ければと思います。早速、BIGLOBE LTEのプランや料金を細かく見ていきましょう。

料金・初期費用

BIGLOBE LTEの料金プランは、SIMというのは音声用とデータ用と2種類あり、料金も異なります。音声通話ができるSIMには、070・080・090から始まる番号が利用できるので、今使っているスマホと同じような使い方をしたい場合は、データ通信専用SIMではダメで音声通話機能付きSIMを選ぶ必要があるんです。通話SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円となっています。

ベーシックプランでは低速通信のみが使い放題になっているプランで、それ以外のプランを選ぶとdocomoのLTEという高速回線が利用できるようになります。BIGLOBE LTEの初期費用はわずか3,240円。後は端末を新規に購入したい場合の代金だけとなります。

BIGLOBE SIMの解約違約金

BIGLOBE SIMの解約縛り、契約する前に、把握しておいてください。データ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも12ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。万が一、1年以内に解約するとなると、契約を違反してしまいますと8,000円の費用が発生しますのでご注意お願いします。決められた期間が自動で更新されてしまう、他キャリアと比べ 、13ヶ月経てば、いつ解約してしまっても違約金が発生しないことはメリットですね。

BIGLOBE SIMの回線速度

BIGLOBE SIMの通信サービスは、ドコモの4G回線を利用したサービスとなっています。通信スピードについては、NTTドコモと同じ回線なので、これまで他のキャリアを使用していたユーザでも不満を感じる事のない安心のスピードですね。ドコモのスマホと全く同じ回線が格安で利用出来るのは、BIGLOBE SIMのいちばんの長所です。この先MOVOや格安スマホの利用しやすい新たなサービスがいろいろと登場してきそうです。

BIGLOBE SIMの帯域制御

BIGLOBE SIMでは、契約者が公平で快適な通信が行えるように、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなりました。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、決められた容量を超過した利用者に対して、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっていましたが、最近になって、この72時間制限が撤廃されました!ということで、BIGLOBE SIMの格安SIMでは、直近72時間の通信料を気にする必要は、ないので、ユーザーとしてはかなり嬉しいバージョンアップです。

BIGLOBE SIMのチェックポイント

格安スマホや格安SIMを取り扱っている会社の中でBIGLOBE LTEがあります。一般的な携帯電話会社からの乗り換えで契約すれば、毎月のスマホ代金もぐんと安くなることが想定されるサービスです。その中でも月額900円で利用出来るサービスが話題を集めています。信頼の高いドコモ回線を使っているBIGLOBE LTEは、通話品質や電波の届き具合もdocomoとなんら変わりはありません。エンタメフリーというのがBiGLOBE LTEオリジナルのサービスです。これが素晴らしいんです!Google Play Music、Apple Music、Spotify、radiko.jpといった動画や音楽のストリーミングサービスで通信量をまったく消費せずに使えるというもの!早速、BIGLOBE SIMの速度や口コミをまとめてご紹介していきます。話題のBIGLOBE SIMについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoネットワークを使った格安SIMサービス

BIGLOBE LTEが利用している通信回線はdocomoと同じ回線を利用しています。だから繋がりやすさは抜群で音質もdocomoと変わらず、大手キャリアに見劣りすることなく、広範囲で安心して使えます。docomoのスマートフォンなら、ほとんどの端末がそのままBIGLOBE LTEでも利用できます。そのため、BIGLOBE LTEが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。もし、ドコモのスマホを現在使用中であれば、BIGLOBE LTEではSIMカードだけを契約して使うことが出来、わざわざ、スマホを追加購入する必要はありません。BIGLOBE LTEは信頼できるdocomo回線を安くお得に使える格安スマホサービスです。

セットのSIMフリースマホがよりどりみどり

BIGLOBE LTEで使用できるスマホを持っていない場合には新たにBIGLOBE LTEに対応したスマホ本体をご購入頂くことになります。そんな人のためにBIGLOBE LTEではスマホ本体もセット販売していますが、非常にたくさんの種類があり、他のMVDOと比べると選べる幅も広がります。しかもスマホだけでなく、画面の大きないわゆるタブレット端末にも幅広く対応していますので、端末選びに不自由を感じることはないでしょう。

データ通信料の繰り越し

契約したプラン次第でデータ容量が異なりますが、せっかくのプラン分の容量を使いきれずに残ってしまう月もあると思います。BIGLOBE LTEでは、こういったことも考え、余った分を捨てることなく翌月に繰り越すことができます。案外、このサービスを行っていないMVNOも少なくなく、BIGLOBE LTEのメリットでもあります。格安スマホでありながら、データの繰り越しもできて素晴らしいサービスです。

電話代が半額で番号通知可能なBIGLOBEでんわ

通話料を半額にしたい時におススメなのがBIGLOBE LTEの「BIGLOBEでんわ」サービスです。この通話サービスは「プレフィックス型」を採用していて、IP電話とは異なり通常の電話回線を使用しますので、発信者番号は通知されるようになっています。通知される番号は、いつも使用している電話番号が相手に通知されます。つまり、相手からすると、いつもどおりの電話と変わりません。IP電話といえば、非通知で表示されたり、050から始まる番号が出たりするため、使い勝手が良いとは言えませんが、逆にBIGLOBEでんわはそういった不便さはありません。通話しホーダイのサービスも開始となりました。

3分かけ放題

au・docomo・softbankといった大手キャリアには通話し放題のプランがありますが、多くのMVNOは通話がかけ放題になるプランを提供していません。MVNOのスマートフォンは月々の金額は安くて助かるのですが、通話の度に料金がかかってしまうのは心配だ、という方のためのサービスが始まりました。このたびBIGLOBE LTEでは月額650円で、3分間までの通話なら何回かけても無料になる「3分かけ放題」をはじめました。しかも、このではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、BIGLOBEでんわと同じく、発信番号を通知することにも対応していますので、いつもと変わらぬ使い心地で、なおかつ通話し放題になるという大きなメリットがあります。BIGLOBEでんわを使用した際には、通話料が1分21.6円であるため、一回の電話はおよそ3分以内で用件だけ伝えたら電話を切ってしまうが、用件を伝える回数が多い(特に、通話時間の合計が一ヶ月あたり33分以上になる)という人にはかなりお得なといえますね。

無料通話がお得!「通話パック60」の解説

3分かけ放題で650円は別格で、通話パック60というオプションが存在します。通話パック60は毎月650円で1200円分無料通話というオプションです。1回の通話時間が3分に満たない方には、「3分かけ放題」が絶対的におすすめですが、たまに長電話しちゃう!という方なら、通話パック60での利用がおすすめだと言えます。通話オプションを上手に選択すると、格安スマホがもっと安く利用できます。

最初の1ヶ月は無料

SIMを利用するためにBIGLOBE SIMと契約した場合は、初めの1ヶ間、月額料金がかかりません。初めの一ヶ月というのは、スマホ端末やSIMカードが届けられた日を含めたその月のことです。到着日次第ではほぼ一ヶ月間無料にすることもできますね。ただし、ご利用中の携帯電話会社の解約手数料や違約金との関係もあるので、ケースバイケースということになり、必ずしも月初めが狙い目ともいえないのです。

終了間近のキャンペーン