mineoのネットの評判 | 通信速度や解約について調べてみた

mineoのチェックポイント

mineo(マイネオ)はdocomoの回線とauの回線のどちらでも使える格安スマホです。キャリアから乗り換えるのであれば月々の料金が大幅に安くする事が出来るMVNOです。かかる費用は毎月わずか1,310円。それで格安SIMが利用できるmineoは、格安スマホサービスとして皆の注目を集めています。mineoは国内では初めてとなる複数の携帯電話会社で使えるマルチキャリアに対応していて、docomo回線とau回線のプランで注目されてるのはMVNOです。大手キャリアと提携ということは、通話品質も通話エリアもこれらdocomo、AUと一緒なので更に安心ということですね。これからmineoへのMNPを検討中の方の為に、mineoの速度や口コミをまとめてご紹介していきます。mineoについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoとAU回線網を利用したMVNO!

docomo回線、AU回線を利用して格安スマホを利用できるようになっています。音声通話の品質もかわらず、対応エリアもキャリアと同じです。docomoやAUで購入したスマホをSIMを入れ替えるだけでそのまま使用することができるので、わざわざ買い換える必要がないというのは便利だといえます。スマホを乗り換えするときに、新規の端末費用を用意する必要が無いのは、ユーザーにはありがたいですね。もちろん、mineoで扱っているSIMフリーの格安スマホを購入して使うこともできます。格安で全国の信頼できるキャリア回線を利用できますし、docomoの回線を使うか、AUの回線を使うか、自身の携帯や状況に合わせてどちらか好きな方のプランにて契約をすることが可能です。料金はプランごとに少々違いがありますので、比較対照した上で検討される方が良いと思います。

高品質通話VoLTEプランがある

VoLTEに対応したプランがある会社として有名なのが、mineoです。VoLTEは今までの音声電話と比較して、格段にクリアな音質に改良された、新しい通話技術の名称です。今までは、300Hz〜3.4kHzまでの音質しか届けることが出来ませんでした。VoLTEだと50Hzから7kHzですから、その違いは歴然です。簡単に言うと、とても高音質な通話することが可能になっているということです。高音質の通話ができることがmineoの大きな特徴です。

データくりこしに対応している

mineoではどうかをみてみると、 毎月利用するデータ量を次の月に繰り越す事が可能なので、毎月使用するデータ量にけっこうばらつきがあるという人でも、容量を気にせずに利用できるのは、とっても大きなポイントです。

mineoスイッチを活用して通信量を節約!

mineoスイッチという名前の機能がmineoには設定されており、通信速度を、ユーザー側で高速と低速の2段階に自由に切り替えて使うことができるのです。ターボ機能によりデータ容量を無駄に消費することがなくなるため経済的に使用できますね。 Free Wi-Fiとmineoスイッチをうまく使うことで、より安価な料金プランで済ますこともできます。スマホ代を節約するのには大いに役立ちますね!

回線速度

mineoの速度に関して、ご紹介していきたいと思います。docomo回線のDプランは225Mbpsの通信サービスが利用でき、auプランでも、au 4G LTEに相当する最大225Mbps回線となっています。最近色んな所で話題になっていますが、やはり混雑時間では、高速通信ではキャリアの契約回線に勝るものはないでしょう。混雑する時間帯ほど自分だって通信したい時間帯なので、こうした時間帯に高速で安定した通信がしたいなら、キャリア契約を選ばれる方が良いでしょう。とはいっても、料金面での安さを考えるとかなりお得ですから、全体的に高いコスパと満足度が得られることは間違いないでしょう。

マイネオ AU回線プラン速度制限に関して

どのMVNOでも変わりませんが、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。ここ3日の通信量が、決められ量に届かなかったら自動的に制限解除となります。通常の利用の範囲内であれば、なかなか対象にはならない制限でしょう。mineoの場合、各料金プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、各プランともに、直近3日で3GBが規定値に設定されています。

mineo Dプランにおける速度制限に関して

mineoのdocomo回線プランにおいては、直近72時間の通信量においては、3日制限はございません。休日と平日では、スマホを見る時間に差がある方も多いでしょう。Aプランを選ぶよりもDプランを選んだ方が、3日制限を気にせず使用できるでしょう。プランを選ぶときには、このような点にも注目してみてください。

mineo料金プランと解約

mineoの料金について、また通信スピードについて説明したいと思います。今現在ご使用されている会社の料金と見比べて、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、ぜひ読んでみてください。これから、月額プランを見てみましょう。

mineoの月額プラン・初期費用

mineoのプランは、格安スマホなどのSIMはデータ通信用と音声通話機能付きの2つがあり、料金が違っているって知ってますか。070/080/090から始まる電話番号が使用できるのは、音声通話SIMだけなので、今ご利用中の携帯電話と変わりなく使いたい方は、音声通話SIMを選択する必要がありますので、ご注意ください。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの解約制限について

mineoの解約縛りと解約違約金、契約する前に、把握しておいてください。mineoは最低利用期限が無いというは、MVNOの中でも珍しく、サービスの解約時に手数料が必要ない珍しいMVNOです。解約違約金の心配が無いという事は、気楽に格安スマホを試せるので、格安スマホ初心者には打ってつけのMVNOです。ただ、注意する点が1つあり、それは1年以内に他のキャリアに乗り換えると手数料がかかることです。契約内容に音声SIMが含まれる場合には、留意していきたい点です。

締切間近の割引キャンペーン