IIJmioの本当の評判について | 回線速度や料金を調べてみた

IIJmioの回線速度

MVNOの中でも特におすすめしたいIIJmioは、docomoが提供している262.5MbpsのLTE回線を利用したスマホサービスです。対応エリアの広さや回線の信頼性には安心のサービスです。通信速度は速いに越したことはないですがその分不安定になっては意味が無いわけで、その点ここは充分な早さと安定性を実現していて、レビューサイトの口コミや評価等においても、おおむね高い評価を得ていますが、納得できるところです。通信速度が速いかつ激安価格なスマホをお探しの方になら、そんな方に最適なMVNOがIIJmioと言えるでしょう。

みおふぉんの通信制御

IIJmioの場合、低速通信時に限り、直近3日間の通信量に応じて、速度制限が掛かる場合があります。高速通信を利用している場合は帯域制限の対象にはなりません。通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、決められた容量を超過したユーザーに対して、通信速度を制限しています。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。動画を大量に観るなどしなければ、あまりひっかかることはないですね。

IIJmioの評判

llJmioのいいところは、MVNOとして長年の経験と実績、そして優れたサポート力のおかげではないでしょうか。これは、格安SIM顧客満足度調査で最優秀賞を受賞したことからも格安SIMユーザーの投票で決まるので、IIJmioの顧客満足度の高さが証明されたと言えます。電話やオンラインでのサポートも充実しており、格安SIMや格安スマホが初めての人でも、安心して格安スマホの利用を始められるMVNOであると言えます。

アフターサポートの手厚さと実効速度の安定感が魅力

IIJmioの口コミや評判を調べていると、口コミの評価が高いのは まずイライラしない高速通信速度と初心者にも親切なサポートでした。「RBB SPEED TEST」のユーザーを対象に行った満足度調査では、MVNOの中でも屈指の顧客満足度を得ており、最優秀賞を獲得できるほどのサービスを提供する企業です。つまり、IIJmioが一押しの格安スマホであることは間違いないでしょう。他のMVNOと比較しても、信頼性とブランド力が高いMVNOと言えます。インターネットで検索しても、利用者の評判はよく、格安スマホを使ってみたいと思っている人に、おすすめのMVNOの一つと言えるでしょう。

IIJmio格安スマホの気になるポイント

格安SIMと格安スマホの企業である株式会社インターネットイニシアティブのサービス「みおふぉん」の紹介をさせていただきます。株式会社インターネットイニシアティブという企業は、格安SIMサービスの老舗の企業で、格安SIMサービスが開始された当初からのユーザーの中では、 IIJmioは馴染のある名前です。格安SIMアワード2015では、最優秀賞の栄冠を手に入れました!顧客サポートもしっかりしているので、ユーザー間においてブランドイメージが良好なのも受賞理由として挙げられるでしょう。IIJmioって何?という方の為にも、IIJmio人気の秘訣をまとめてみました。IIJmioに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomo同エリアの格安SIM・格安スマホ

格安SIMサービスでおなじみのIIJmioは、docomoの回線をつかっています。ですので、通話の品質には何の問題もありませんし、サービスエリアの広さやつながりやすさもドコモと同じで、安心感があります。docomoで使用できるスマートフォンを所持している場合はたいてい、その機種をIIJmioでも使う事ができます。もちろん、IIJmioが販売しているSIMフリースマホのセットを買うことも出来ます。既にdocomoのスマホをお持ちのかたならば、SIMカードの契約だけでIIJmioが使えるようになりますので、スマホの本体代がかからず、お得に購入できます。そんなIIJmioをざっくり一言でいってしまうと、高品質な通話品質、広いサービスエリアを持つdocomoと同じサービスを格安で受けられる非常にお得な格安スマホ、格安SIMなのだといえるでしょう。

バースト機能│さらに快適な低速通信

バースト機能という使い勝手の良い機能が、IIJmioに搭載されています。このバースト機能とは何なのか簡単にご説明します。低速通信状態でも最初の少しの間だけ高速通信をすることで、ページ表示時の速度を向上させることができるサービスとなっています。バースト機能により、通信が低速となっていても、ページの表示はスムーズに行われるので、利用時のストレスが少しは緩和され、インターネットの快適な利用が可能となるため、人気の機能となっています。ですが、今のところ、このバースト転送ができるのは、残念ながらIIJmioとDMMモバイルの2社のみなのです。

あまったデータ容量の翌月繰り越し対応

プランによって月々利用できるデータ量の上限には違いはありますが、容量ギリギリまで使う月もあれば、少量しか使わない月もあると思います。IIJmioを利用していれば、そんな状況でも、余った分を捨てることなく翌月に繰り越すことができます。使いきれずに余った通信量を翌月に使えるサービスを行っていないMVNOもあるので、次月への持越しができるという点は、IIJmioならではの魅力といえるでしょう。安いからと言って、毎月のデータ通信量を無駄にしたくない方には嬉しいサービスです。

三世帯でも使える最大10枚まで追加可能

IIJmio(アイアイジェイミオ)のファミリーシェアプランなら、追加のSIMが最大10枚まで可能となっています。10人までの家族がIIJmioへ乗り換えることで、これまでの携帯代と大きな価格差を感じるはずです。家族全員分でその割引分を考えてみると、家計が大助かりになるはずです!格安スマホを上手く利用してスマホ代を節約してみるのもいいと思います。もちろん、購入後のフォローもしっかりしているので、初めて利用する方でも安心して使えます。更に子供用としても、キッズスマホとして使える安心の「みまもりパック」もあるので何の不安もなく使わせることができます。

IIJmio料金と初期費用

IIJmioを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。現在ご利用中のスマホ料金と比べると、どのくらい通信量がお得になるのかを、考えながら見ていただければ良いと思います。どれだけ安いのか、IIJmioの料金プランを見てみましょう。

みおふぉんの月額プランと初期費用

IIJmioの料金は、データ通信用SIMと音声通話もできるSIMの二種類があります。音声通話が出来るSIMは、電話番号の最初の3桁が、070/080/090/の番号になりますので、大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、音声通話が可能なSIMを選ばなければならないことに気をつけましょう。音声通話SIMの月額プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円です。

データ専用SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

みおふぉんの解約違約金

解約違約金、これは頭に入れておいてくださいね。最低利用期間の規定は、IIJmioのデータSIMにはありません。解約したいと思った時点で、違約金なくすぐに解約できます。音声通話SIMだと、12ヶ月の間は、違約金なしに解約できない決まりになっています。どうしても解約するまでに12ヶ月も待てないという場合、解約手数料9,000円取られますのでご注意ください。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、最初の13ヶ月さえ解約しなければ、その後はいつでも解約できるのはありがたいですね。

【期間限定】キャンペーン